blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new死のやわらかい

巻き貝のなかを明るくするように母は美大はむりよと言った

会うことのなかった四羽の心臓が一つに刺されて完成している

死ぬことが悲しいだけでなかったこと 落ちて初めて燃ゆ流れ星

生きているだけでえらいの生きている定義がそもそも違う気がする

人生は優しいだけじゃ駄目ですか 中心部だけつめたいドリア

ーーーー
”鳥さんの瞼”と名乗る歌人の衝撃的と言える第一歌集。
タイトルから分かるように「死」を見つめ続けることから生まれた歌である。
「死」と向き合うこと、それは「生」を考えること。
死と生のなかにあるやさしさやうれしさが宝石のように散りばめられている。

栞(16p)封入 寄稿:東直子、岡本真帆、林あまり
装丁:名久井直子

著者:鳥さんの瞼 出版社:点滅社 2024 初版 ハードカバー / 94p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,650円(税込)

カートに入れる

For international customers

top