blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newコロナ禍と出会い直す 不要不急の人類学ノート

”私をフィールドワークへ向かわせたのは、コロナに罹らないことが命を大切にすることであるという、生をあまりに平坦化したものの見方と、それがあっさりと現実化する世の流れへの恐怖、名誉心を装う虚栄心への怒り、同じ社会を未来へ残したくないという願いであった。”

最後のお別れすら許さない病院
火葬すら立ち会わせない予防策
子どもたちへの黙食指導
至る所に設けられたアクリル板
炎天下でも外せないマスク、連呼された「気の緩み」
――あの光景から希望を紡げるか?

人類学者が「不要不急」のフィールドワークから考えた、「和をもって極端となす」日本社会の思考の癖、感じ方の癖。

思えばあの光景はなんだったのか?ということばかりだ。
痛快にぶった斬る本ではない。なぜ私たちはやりすぎるのか、いのちを大切にするとはどういうことか、人類学の視点で、やはりもう一度出会い直さなければならないのだ。


著者:磯野真穂 出版社:柏書房 2024 ソフトカバー 230p
新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,980円(税込)

カートに入れる

For international customers

top