blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newハマれないまま、生きてます

正解のない問いを考え、多様な他者と生きる。
シリーズ「あいだで考える」

「こどもとおとなのあいだ」
まわりの求める「◯◯らしさ」にハマれないまま、ハマらないまま語りつづける。

「『大人になる』ってどういうこと?」「私、何歳になっても『大人になった』気がしない」──いま、子どもと大人の境界はますます曖昧になっている。本書では、子どもにも大人にもハマれないまま生きてきた著者が、自らの内なる「子どもと大人のあいだ」を見つめ、そこにうごめく性と暴力、死への衝動や生きることへのあがきを正直に、時に飄々と描く。そして幼少時から周囲の求める「○○らしさ」と闘い、やがてフェミニズムとキリスト教に出会い、言葉と思想を獲得してきたプロセスを語りだす。子ども/大人の二分法を超えて、「ひと」のありようを問う1冊。

1章 6月は絶望の月
 大人になることへの絶望、大人であることへの絶望
 HAPPY BIRTHDAY SIXTEEN

2章 「子ども」にハマれない
 子どもらしくない子ども
 フィクションの中の子ども
 ダンゴムシへの共感

間奏曲 「子どもを書く」ということ

3章 「子ども」の私のセクシュアリティと自己否定
 性の欲望と恥を秘めた幼稚園時代
 『My Birthday』と不安
 否定が内側に入りこむ
 暴力と私

4章 ……まま、生きてます。
 持って生まれたフェミニズム
 正直であること・疑問を持つこと
 私にとっての信仰
 ダンゴムシ時々エビになる

おわりに
こどもとおとなのあいだをもっと考えるための作品案内

著者:最首悟 装丁:矢作多聞 装画:ミロコマチコ 出版社:創元社 2024 ソフトカバー 173p
新刊書籍




状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,760円(税込)

カートに入れる

For international customers

top