blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newKANON / 山上新平 Shinpei Yamagami(Signed サイン入)

またたく命の輪唱

『liminal (eyes)』『Epiphany』が共にロングセラーを続ける写真家山上新平のこれまでが凝縮された一冊。
現在山上が最も注力している被写体である”蝶”の写真集。
様々な時間と背景の中に現れる華麗な生命体に釘付けだ。

過去、現在、未来の三部構成で冒頭の過去には森と木、現在に蝶、そしてあとがきのような未来には人や光、海が現れる。
200pの極楽飛行。

寄稿:幅允孝(ブックディレクター)
フナオカキャンバス貼り丸背上製本
表紙・裏表紙に題箋貼り
背表紙にタイトル箔押し
スリーブケース入り

以下、版元より

山上新平にとって、世界は複雑で触れ難いものだった。

カメラを手に山へと分け入り、そこにある木々を凝視して写真を撮る。
崖の上から、海に打ち寄せる波の表情を捉えて写真を撮る。
山上にとって、それが世界と触れあう唯一の手段だった。

ある日、山上の手に傷ついた蝶が止まった。その蝶は、傷を負っても飛ぼうとした。
その日から山上は、蝶の写真を撮りはじめた。
またたく命は、山上にとって世界と自分とを繋ぐよりしろとなった。

山上新平写真集「KANON」

3つの章からなる写真集は、安寧を恐れ、否定し続けてきた写真家の過去/現在/未来を、
蝶と共に舞い飛びながら追走する構成になっている。

KANON ─ それは、またたく命の輪唱

山上の写真には、現代を生きる私たちの絶望と希望が写っている。

山上 新平(やまがみ・しんぺい)

1984年神奈川県生まれ。東京ビジュアルアーツ卒業後、イイノ・メディアプロを経て、写真家として活動をはじめる。驚くべき視覚能力を駆使し、徹底して被写体に対峙しながら、写真を描き出す。グループ展「LUMIX MEETS/ BEYOND 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #3」(パリ/東京、2016)を皮切りに、2017年には「Daikanyama photo fair competition」にて奈良美智賞を受賞。その後、「山上新平展」思文閣(東京/京都、2019)、「The Disintegration Loops」POETIC SCAPE(東京、2019)などを経て、2022年デザイナーの皆川明(ミナペルホネン)発行による初めての写真集『Helix』を刊行。2023年、東京都写真美術館が主催の「見る前に跳べ 日本の新進作家 vol.20」に選出され、同展に合わせて造本家の町口覚による『Epiphany』(bookshop M、2023)を刊行。また『liminal (eyes) YAMAGAMI』(bookshop M、2022)を刊行し、同名の展覧会を旧大佛次郎茶亭(鎌倉、2023)で開催。

著者 Author:山上新平 Shinpei Yamagami 編集・造本設計:町口覚 デザイン:清水紗良(MATCH and Company., Ltd.)出版社:bookshop M 2024 縦228mm/横171mm ハードカバー・スリーブケース 200p
new 新刊書籍



状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
11,000円(税込)

カートに入れる

For international customers

top