blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new生きつづける ホロコーストの記憶を問う

1931年ウィーン生まれのユダヤ人である著者は10歳のときに母親とともに強制収容所に収容される。1945年2月、アウシュヴィッツを経た三度目の移送の際に母とひとりの少女ともに脱走に成功。その後大学で哲学、歴史を学び渡米。ニューヨークで英文学、ドイツ文学を修め、教鞭をとる。
”生き残り”としての闇を抱え、そのトラウマを乗りこえるため、生きつづけるために過去の記憶を問う。
フェミニズム的視点も盛り込まれ、過去と現在を往還する斬新かつ衝撃的なサバイバー自伝文学。
初版から約27年ぶりの新装復刊。

以下、版元より

1931年にオーストリアのウィーンに生まれたルート・クリューガーは、母親とともに強制収容所に移送されたとき、まだ10歳だった。戦後も45年を過ぎ、彼女は〈生き残り〉としての闇を抱えながら、またそのトラウマを乗りこえようとして、生きつづけるために、過去の記憶に問いかけた。
ナチスに併合されたウィーンの子供時代、アウシュヴィッツ=ビルケナウで年齢を3歳ごまかしてガス室送りをまぬがれたこと、死の行進の途上、母親といっしょに脱走したこと、戦後のドイツとアメリカでの日々…
従来の「ホロコーストもの」とはスタイルを異にして、現在と過去を往還しながら書かれた本書は、フェミニズム的視点も盛りこみながら、新たな感動の質をわれわれにあたえてくれる。同時代を生きるひとりのユダヤ人女性が書き上げた新しい自伝文学が、ここに誕生した。

第一部 ウィーン

第二部 収容所
テレージエンシュタット
アウシュヴィッツ=ビルケナウ
クリスティアンシュタット(グロース=ローゼン)

第三部 ドイツ
逃亡
バイエルン

第四部 ニューヨーク
エピローグ

訳者あとがき
新装版への訳者あとがき

著者:ルート・クリューガー 訳:鈴木仁子 出版社:みすず書房 2024 ハードカバー 360p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
5,280円(税込)

カートに入れる

For international customers

top