blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new太陽の肖像:文集 / 奈良原一高 Ikko Narahara

「写真は未来から突然にやって来る。僕の場合は、いつもそうだった。僕は空中にひょいと手を伸ばしてつかみとる……すると写真がひとりでに僕の手の中で姿を現わす」(本文より)

戦後を代表する写真家、奈良原一高が残した唯一のエッセイ集です。
13歳で敗戦を迎え、〈人間の土地〉でデビューするまでの自叙伝をはじめ、巨視的な視点で人間存在を見つめた半世紀に及ぶ思考の軌跡。
自己の内面を写真のように写し出した文章、、。そして代表写真45点を収録。
およそ8年ぶりの新装復刊!

以下、版元より

長崎県沖の軍艦島と熔岩に埋もれた桜島でたくましく生きる人々を捉えた〈人間の土地〉、北海道の修道院と和歌山の婦人刑務所の孤独な空間で人間の存在を見つめた〈王国〉などで知られる、日本写真界の巨匠・奈良原一高。本書は文筆にも定評のある奈良原の文章を初めて集成し、作家の全貌を伝える待望の一冊。
満洲事変の年に生まれた奈良原は、中学一年で学徒動員され、死と隣合せの日常を過ごす中で敗戦を迎えた。「不毛それ自体が生きていく手がかりとなりはじめた」――無力感にとらわれながらも、自らの心情を重ね合わせるようにカメラのファインダーを覗き、生を模索していったのだ。そのありのままの思いが奈良原の文章からまっすぐに伝わってくる。
デビューまでの自叙伝をはじめ、欧州を駆け巡り改めて日本文化を見つめ直した60〜70年代、そして自身の入院経験をもとにX線写真やCGを生かした近作までの思索の軌跡を辿る。ダイアン・アーバスが自殺する直前にNYで行なわれたワークショップの記録には息をのむ。
巨視的な視点で生と死を見つめ、写真表現の最前線を切り拓いてきた奈良原の歩みは、日本の戦後写真史、ひいては戦後史そのものだといえる。そこには、瑞々しい感性でとらえた生きる歓びと静かな情熱が溢れている。代表写真45点収録の決定版!


[目次]
 序にかえて 青白い火花 奈良原一高  福島辰夫

第一章 廃墟からの旅立ち
 機〔宜饑卉
    ある未知への発端
    無国籍地・ルネッサンス
 供/祐屬療效
    私の方法について
    緑なき島――軍艦島
    火の山の麓――黒神村
 掘_国
    二十年目のあとがき
    沈黙の園
    壁の中

第二章 もうひとつの僕にいたるまで
 自叙伝――もうひとつの僕にいたるまで
 写真に触れた頃
 東松照明の「ヨネ的感覚」

第三章 ヨーロッパの詩(うた)
 機.茵璽蹈奪僉静止した時間
    手のなかの空
    ヨーロッパ便り
    ヨーロッパ四万七千キロ
 供.好撻ぅ鵝Π梁腓覆觚畍
    約束の旅
    偉大なる午後
    フィエスタ
    バヤ コン ディオス VAYA CON DIOS

第四章 ジャパネスク
 機〆M容本語り
    「近くて遙かな国」への旅
 供‘本圖譜
    城下町/能/色/刀/角力/富士/禪/句景

第五章 Ikko's AMERICA
 ダイアン・アーバスと僕(イッコー)――一九七一年のノート
 ロック・フェスティバル――生きる歓び Celebration of Life

第六章 時空の翼
 機‐談任靴浸間
    水のない海
    コロンブスへの道
 供_變錣覆覦
    ヴェネツィアの秘密
    オリエントへの扉――黄金の薔薇の時間

第七章 身体という宇宙
 機ゞ
    見えない光線
 供 ̄
    「眺め」の彼方
 掘‥
    Notes
 検Tokyo,the '50s
    はじめて街を歩いた頃
 后.櫂吋奪氾豕
    街が輝くとき

 あとがきにかえて ふたすじの蒼い風  勝井三雄

 奈良原一高年譜/初出一覧

著者:奈良原一高 出版社:白水社 2024 ハードカバー 382p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
5,500円(税込)

カートに入れる

For international customers

top