blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

実在の娘達

小説家、福永信の5年9ヶ月ぶりの新刊。
掌編3編で構成。

紙芝居のように流れていく風景、記憶?
帽子を被った娘、思い出を語る小学生の娘、おとうさんのおはなしを聞く娘
意図的に作られたページの余白が、物語に不思議な奥行きを与えている。
それぞれ本当に短い話だが余韻は予想以上に長く続く。
読み終えてタイトルを見ると「実在の娘達」とあるがフィクションだから実在するかはわからない。

タイトル、3編ごとに変わる印字と印刷(活版、写真植字+軽オフセット、DTP+オフセット 物語の背景とリンクしている!)、金の箔押しと台本のように仕上げた装幀、そのデザインは本の持つ魅力(読む、見る、めくる、触れる)を余すことなく表現している。

是非手にとって頂きたい味わい深い一冊。

そして奥付には珍しく著者・デザイナーの住所が記されている。実在を示している。


著者:福永信 発行・デザイン:仲村健太郎 2018.12
新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,375円(税込)

カートに入れる

For international customers

top