blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newうもれる日々

ほんとうのことを言いたいとずっと思っている。

「読書って賢そうというテンプレが散見されるが、酔うことがたいがい無駄であるように、本を読むことに意味づけはいらない。ただそこには自分の知らない、底のない世界が広がっていて、潜るのが心地よくいつも飛び込んでしまう。」

とある出版社で営業をしている橋本亮二さんの日記。
本を読み、本を買い、本を抱え、カレーを食べ、家族と仲間たちに囲まれ、出会いと別れを繰り返す。

文学フリマへ出品のため綴った「ほんとうのこと」

僕はこれを読んで絲山秋子を読まなければ、と思いました。

著者:橋本亮二 発行:十七時退勤社2019

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,210円(税込)

カートに入れる

For international customers

top