blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newごろごろ、神戸。

街歩きエッセイは星の数ほどあるけれど、父親がベビーカーを押しながら書く街歩きエッセイはなかなかないだろう。

三宮、元町の喧騒から少し離れた神戸を舞台に娘と2人食べては遊ぶ。
街の人々の声を小耳に挟み、街が失ったものに思いを馳せながら、小さな命に微笑み、手を振る。
高架下から水族館、山の上から海岸の波打ち際までベビーカーを押しながら考えたこと。
笑いありホッコリあり、そしてあとがきは泣けます。。

神戸市ホームページで連載された人気のエッセイの書籍化です。

著者:平民金子 出版社:ぴあ 2019.12 ソフトカバー 433p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,760円(税込)

sold out

top