blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  海外文学

new昼の家、夜の家

ノーベル文学賞受賞

もしも人間でなかったら、わたしはキノコになりたい。無関心で無感覚な、つめたくてすべすべの皮を持った、かたくてやわらかい、キノコに。わたしは倒れた木の上に、陰気に、不吉に、いつも静かに生えるだろう。
(キノコであること)

長編だが、百十一の挿話で構成され、一つの長い、とても長い詩を読んでいるように感じる。
それは夢を見ていることに似ている。

「チェコとの国境地帯にある小さな町ノヴァ・ルダ。そこに移り住んだ語り手の紡ぐ夢、記憶、逸話、伝説……国境の揺れ動いてきた土地の記憶を伝える傑作長編」

著者:オルガ・トカルチュク 訳:小椋彩 出版社:白水社 2019 第三刷 380p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,860円(税込)

カートに入れる

For international customers

top