blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

TRANSPARENCIES: SMALL CAMERA WORKS 1971-1979 by Stephen Shore

カラー写真のパイオニアStephen Shore(スティーブン・ショア)、そして不朽の名作『Uncommon Places』。
今作はその『Uncommon Places』制作時に35mmのライカで本能、好奇心の赴くままに撮られたもの。
コダクロームのネガが見つかり、初の写真集化です。

想像以上のサイズ、ボリューム、箔押しのクロス装丁。
年代順に並べられたアメリカの風景は映画で見る「アメリカ」そのもの。
大推薦の一冊です。

以下、版元より

アメリカ人フォトグラファー、スティーブン・ショア(Stephen Shore)の作品集。20世紀後期から21世紀初期に活躍した最も影響力のある写真家の一人と謳われる作者の代表作となった『Uncommon Places』(1982年刊)。本書は、『Uncommon Places』制作時にコダクロームで撮影されていた作品シリーズのネガが見つかったことから、初めて写真集化されることになった。アメリカの原風景を写し出し、後に代表作の一つになった『Uncommon Places』の撮影の為にアメリカ各地を旅していた際、作者は35mmのライカも持ち歩いていた。大判カメラを主に使っていた作者にとって、本能の赴くままに直接的な表現が可能なライカはまたとない相棒だった。まだ10代の作者を写真に惹きつけたのもこの感覚で、35mmフィルムで撮ったイメージの持つ直接的な感覚を再現しようと、後に大判カメラでの撮影にも同じアプローチをするようになる。何年も経ってから当時のライカでの写真を見つけた作者は、その奇妙な雰囲気に驚かされたという。大判と35mmのアスペクト比との違いは、二つの音符の音の違いといってもいいほどだった。ライカで撮影された写真は、アメリカのありふれた光景と独特の雰囲気を同時に描き出し、フレームの外に広がる世界を示唆している。本書に収められた未発表のコダクロームのスライドは、写真の歴史における重要な一時期に対する作者独自の見解だけでなく、主題と色に対する斬新なアプローチも示している。ロサンゼルス・カウンティ美術館(LACMA)のキュレーター、ブリット・サルヴェセンの書き下ろしエッセイ「Ordinary Speech: The Vernacular in Stephen Shore’s Early 35mm Photography」を収録。


著者 Author:Stephen Shore 出版社 Publisher:MACK 2020 hardcover 300 x 310 mm 192p
新刊書籍 NEW

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
9,350円(税込)

カートに入れる

For international customers

top