blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

オススメエルサレムのアイヒマン 悪の陳腐さについての報告

<彼は愚かではなかった。まったく思考していないこと――これは愚かさとは決して同じではない――、それが彼があの時代の最大の犯罪者の一人になる素因だったのだ。>

1961年、エルサレムで始まったアドルフ・アイヒマンの裁判記録。
ハンナ・アーレントは死刑判決まで欠かさず傍聴し、その様子を記録した。
記録にはアイヒマンが主導した何百万人ものユダヤ人をヨーロッパ各地から強制収容所への移送の詳細も含まれる。

軍の命令に従っただけで責任はない、とするアイヒマンの主張から人間の罪、法律、正義、悪について思考した歴史的な大作。

2017年の新版です。

著者:ハンナ・アーレント 訳:大久保和郎 出版社:みすず書房 2020 6刷 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/488頁
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
4,840円(税込)

sold out

top