blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new本屋さんしか行きたいとこがない

『たいせつなのは、個人的なことだ。その人にしか感じられない喜びや悲しみ。あるいは、ほかの人からすればどうでもいいような人間関係。そういうものが守られなければいけないのだと思う。』(アンネの日記)

「90年代の若者たち」(岬書店)、「古くてあたらしい仕事」(新潮社)に続く夏葉社(岬書店)代表、島田潤一郎さんの自著です。
本屋に通い続けた(通い続けている、今も一冊の営業のためにこの大阪の小さな店にやって来る)島田さんが語る本屋のこと、本のこれから。
街の小さな本屋からジュンク堂、アマゾンまで、率直に綴られています。

本屋さん応援企画、という想いに応え大量に仕入れました。
広く永く読まれて欲しい一冊です。

著者:島田潤一郎 出版社:岬書店 2020.6 四六版/並製 144p
新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,100円(税込)

カートに入れる

For international customers

top