blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

病と障害と、傍らにあった本。

"病や障害の名でひとくくりにできない固有の症状や想い。
誰かと分かち合うこともできず。

そんなとき、傍らにはどんな本があったのか"

「読む」ことが「生きる」ことに繋がると考えるのは大げさだろうか。
けれどこの2020年の春に、僕は切実に本を必要としている人に何人も出会った。
それぞれに理由があり、僕の知るところではないが、自身やあるいは家族が抱え込んでいる問題と共に過ごすとき、読める読めないに関わらず、本はいつもそこで開かれるのを待っている。

切実な体験が書かれた本書もまた、読者にとって「生きる」ことへの道標になるかも知れない。

【本を知る】
齋藤陽道  母の絵日記 
頭木弘樹  本嫌いが病気をして本好きになるまで 
岩崎航   病をふくめた姿で 

【本が導く】
三角みづ紀 物語に導かれて 
田代一倫  写真と生活 
和島香太郎 てんかんと、ありきたりな日常 

【本が読めない】
坂口恭平  ごめん、ベケット 
鈴木大介  本が読めない。 

【本と病と暮らしと】
與那覇潤  リワークと私―ブックトークがあった日々 
森まゆみ  体の中で内戦が起こった。―原田病と足るを知る暮らし― 

【本と、傍らに】
丸山正樹  常にそこにあるもの 
川口有美子 それは、ただ生きて在ること

著者:上記 デザイン:服部一成 出版社:里山社 2020.10 初版 ハードカバー 246p
新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,200円(税込)

sold out

top