blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと

ただ座って飲んでるだけで、知らない人から話しかけられるひと、というのがいる。
スズキさんがそんなひとだ。ちょうどよい温度の風呂のようなひと。
その場に溶け込むくせに、意外に人の領域に入り込んでくる。正直、羨ましい。
とにかく、これめっちゃいいので、みんなに読んでほしい。
これが生活史だ。
(岸政彦)

酒を飲んだ帰り、終電になんとか間に合ったといって安心していると、知らない駅で目が覚める。(p.300)
簡潔に言うとこんな話がてんこ盛りで、読み出したら止まらない。
まえがきでナオさんが述べられているように、息苦しさを感じる毎日だけれどまだまだ楽しいことはあるよ、と背中を押してくれる。
本当に、軽い気持ちで読んで欲しい。

著者:スズキナオ 出版社:スタンドブックス 2020 4刷 ソフトカバー
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,892円(税込)

カートに入れる

For international customers

top