blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  日本文学

「子供のいるところにこそ、黄金時代がある」(ノヴァーリス)
原初の楽園への回帰の夢、と語る十七篇のエッセイ。

バビロンの架空園 失われし庭を求めて
ユートピアと千年王国の逆説
ヨーロッパのデカダンス
もう一つの世紀末
万博を嫌悪する あるいは「遠人愛」のすすめ
時間の死滅について
ミューゼアム・オブ・カタクリズム
サドは裁かれたのか -サド裁判と六十年代の精神分析-
魔的なものの復活
A・キルヒャーと遊戯機械の発明
幻想文学について
幻想動物学
メタモルフォーシス考
からくりの形而上学
ジョルジュ・バタイユ -比喩としての畸形について-
妖怪および悪魔について
ヨーロッパの妖怪

著者・意匠:澁澤龍彦 出版社:薔薇十字社 1971 第二版 / ハードカバー/函
C(経年ナミ)

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,420円(税込)

sold out

top