blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newがまくんとかえるくんができるまで アーノルド・ローベルの全仕事

みんな大好き、がまくんとかえるくんを生んだアーノルド・ローベル(1933−1987)の全仕事。
『ふたりはともだち』シリーズをはじめ、世に出した絵本は100冊超。
今も世界中で愛される絵本作家の全て。
「父さんは、一緒にいて楽しい人だった」と語る二人の子どもへのインタビューは面白くて悲しい部分もあるけれど、この作家の本質を知ることが出来てとても興味深いものでした。

”ローベルはニューヨークのブルックリンに暮らしました。音楽を聴きながら午前中は絵を描き、午後はお話を書き、夜は家族4人でたくさんおしゃべりをして過ごしたといいます。ねこやねずみやへび、がまがえるなど、さまざまな生き物を飼っていました。映画や舞台を観にいくことが好きで、家ではテレビを観ながら刺しゅうをしていました。大声で歌いながら食器を洗い、そうじが大好きで、そしてなにより、仕事をこよなく愛していました。ふたりの子どもたちは、一緒にいて楽しい人だった、と語ります。”(版元より)

第1章 がまくんとかえるくんの世界
変わりものと呼ばれても/お説教はまっぴら/きみがいてくれてうれしいよ/がまくんとかえるくんができるまで

第2章 アーノルド・ローベルの仕事
僕が絵本作家になったのは、他にできることがなにもなかったからだ/僕はきみで、きみは僕/ここがきみの居場所/ねぇ、お話を聞きたいかい? /僕は舞台監督で、衣装デザイナーで、幕を引くもの/お絵描きはデザート、お話づくりはホウレン草/コールデコット賞 受賞スピーチ

第3章 素顔のアーノルド・ローベル

年譜/全著作リスト

解説 僕も、彼の読者のひとりの子どもです(三木卓)
菊地敦己

編・発行:ブルーシープ デザイン:菊地敦己 2021 初版 ハードカバー 256p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,750円(税込)

カートに入れる

For international customers

top