blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  海外文学

new独り居の日記 新装版

「自分の内なる怒りには正直に、でも身のまわりには秩序と平和を築こう。」

年齢を重ねるほどに、みずみずしい作品を発表したアメリカの詩人・小説家、メイ・サートン。
1995年に83歳で亡くなるまで、その創作意欲は衰えをみせなかった。
さかのぼって1960年代の後半、はじめて小説のなかで自分の同性愛を明らかにしたサートンは、
大学の職を追われ、折しも愛の関係のおわりと父親の死の直後で、失意の底にあった。
やがて彼女は、世間の思惑を忘れ、ひたすら自分の内部を見つめることで新しい出発をしようと、
まったく未知の片田舎で生活をはじめる。その頃の一年間の記録である。

「女性自伝文学の分水嶺」とされる傑作。

著者:メイ・サートン 訳:武田尚子 出版社:みすず書房 2020.1 新装版 5刷 275p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
3,740円(税込)

sold out

top