blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newキングコング・セオリー

#MeToo 運動をきっかけに再注目され、フランスで20万部のベストセラーとなったフェミニズムの名著。
人気作家となった著者が17歳の時に経験したレイプ被害と、その後の個人売春の経験をもとに、性暴力、セックスワーク、ポルノグラフィについての独自の理論を展開するフェミニズム・エッセイ。

「差別」や「不平等」に対する凄まじい怒り。帯には「刺激的」と書かれているがどうだろう、はっきり怒りと書くべきではないか。個人的な体験からフランス社会、そして女性を抑圧する社会の全てが見えてくる。資本主義の行き詰まりも無関係ではない。黙すれば肯定と受け止められ、声を上げれば叩かれる。もう本当にうんざり、フェミニズムは革命だ、と著者は訴える。是非読んで欲しい。

著者:ヴィルジニー・デパント 訳:相川千尋 出版社:柏書房 2020初版 ソフトカバー 219p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,870円(税込)

カートに入れる

For international customers

top