blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

たぐい vol.3

人間の「外から」人間を考える

『人間は人間だけで生きているのではない。複数種の絡まりあいとして、人間は、ある。種を横断して人間を描き出そうとする「マルチスピーシーズ人類学』「たぐい」3号です。
全4冊刊行予定の人類学を軸とするポストヒューマニティーズ誌

”二十世紀後半以降に頻発する動物由来の感染症は、開発などの人間本位の理由で、人間が自然や野生に過度に接近・接触した結果により出現した現象だということがわかっている。
私たちは今、過去五百年間の人間の行動が、人間の思い上がりであったと反省せざるを得ない。”

そういうわけで特集1は「異種との遭遇」、そして特集2は今世界中から注目を集めている社会人類学者「ティム・インゴルド」
人間の本来歩むべき道、他の「たぐい」との共生を考えます。

特集1「異種との遭遇」
■ 近藤祉秋「悩める現代哺乳類のためのマルチスピーシーズ小説——多和田葉子『雪の練習生』を読む」
■ 石倉敏明「獣の肉を食い、獅子の腹から生まれる——獣頭芸能に見る複数種の想像力」
■ 大小島真木×管啓次郎×津田敦「海と土が交わる場所」

特集2「ティム・インゴルドの世界」
■ 金子遊「生物と物質のダンス——インゴルドに関するエセー」
■ 古川不可知「天候のなかに線を描く——ティム・インゴルドの歩行論をめぐって」
■ 奥野克巳×上妻世海×能作文徳「ティム・インゴルド『人類学とは何か』を読む」

論考
■ 清水高志「世界の《ざわめき》に耳を傾ける——ブリュノ・ラトゥールの思想的系譜とそのヴィジョン」
■ 足立薫×逆卷しとね「すべてがサルになる——種社会論とダナ・ハラウェイが出会うとき」
■ 井上太一「ビーガン探訪——民族誌のアプローチから」

人類学マンガ
■ シンジルト+MOSA「蓄糞はウンチになった」

マルチスピーシーズ人類学研究会記録

出版社:亜紀書房 2021.2 ソフトカバー
新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,650円(税込)

カートに入れる

For international customers

top