blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  海外文学

newヴィクトリア朝怪異譚

イタリアで客死した叔父の亡骸を捜す青年、予知能力と読心能力を持つ男の生涯、先々代の当主の亡霊に死を予告された男、養女への遺言状を隠したまま落命した老貴婦人の苦悩。

1860年代に数多生まれたミステリーやスリラー小説の源流。
クリスマス時期になると好んで読まれたとされる幽霊小説。
日本ではあまり紹介されてこなかった四篇を収録したアンソロジー。

狂気のマンクトン / ウィルキー・コリンズ(1855)
剥がれたベール / ジョージ・エリオット(1859)
クライトン・アビー / メアリ・エリザベス・ブラッドン(1871)
老貴婦人 / マーガレット・オリファント(1884)

訳:三馬志伸 出版社:作品社 2018初版 ハードカバー 331p
A(帯)

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,980円(税込)

sold out

top