blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

庭とエスキース

誰かを想う

一九九八年四月、写真家の著者は北海道の新十津川という小さな町で"弁造さん"という老人に出会う。

弁造さんは十畳ほどの丸太小屋で「庭」と「イーゼル」を見つめながら自給自足の生活を送っていた。
八十歳になってからも呟いていた「絵描きになりたい」という言葉。

著者は二〇代半ばで弁造さんに出会い、「生きること」とは何か?その根源的な問いを常に持ち続けることになりました。十四年に渡り撮影を続けた絵描きと彼の生活。
記憶と辿るように記された24篇の物語と40点の写真。
心揺さぶられる、永く深く読まれて欲しい(読まれるであろう)一冊です。


著者:奥山淳志 出版社:みすず書房 2019.4初版 ソフトカバー 284p
新刊書籍
状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
3,520円(税込)

カートに入れる

For international customers

top