blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

他者の苦痛へのまなざし

写真は戦争やテロを抑止できるのか。
代表作「写真論」に連なる考察の書。

「撮る」と「撃つ」は同じ「シュート」。
世界中の悲惨な出来事がテレビやパソコンの画面を通して(執筆時まだスマホは普及していない)、毎日無数に目に届く。間接的に映る他者の苦痛は戦争反対の方向へ変化するのか?
ヴァージニア・ウルフの戦争におけるジェンダーの考察、サラエヴォ、ナチの強制収容所、イスラエルとパレスチナ、そして911。
記録と報道、そして写真のもつ価値とは。

現代は"REGARDING THE PAIN OF OTHERS"

著者:スーザン・ソンタグ 訳:北條文緒 出版社:みすず書房 2018 12刷 ハードカバー 155p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,200円(税込)

カートに入れる

For international customers

top