blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

随筆集 読むことの風

ことばが必要だと思った。
マスメディアやSNSを通じて拡散され、あっというまに消え去る情報ではない。世界について一人ひとりの人間が何かを感じ、想像し、考えてきた「時間」という重みをもつことばが必要だと、僕は思った。
(あとがきより)


時々この本はblackbird booksのために作られた本ではないのか?と一人で静かに感動することがある。
もちろんそんなわけはないのだけれど、それでも書店という受け皿としては店頭に配置するだけでぴったりはまったと思う本はある。

大好きなnakabanさんの大好きなコップの絵があり、尊敬する編集者アサノさんが本について、詩について、本屋について書いているという。更にはもう一人の尊敬する編集者島田潤一郎さん(夏葉社)との対談も収められているのだから、テーブルに並べないわけにはいかないだろう。
あとは皆さんに手に取って頂くだけだ。

そして僕は「本屋さんに行くと沈黙がある」という散文から読み始める。

著者:アサノタカオ 装丁:納谷衣美 装画・イラスト:nakaban 発行:サウダージ・ブックス 2020.10 初版 ソフトカバー 123p
新刊書籍




状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,980円(税込)

カートに入れる

For international customers

top